ファクタリングは売掛金のリスク軽減等におすすめです

subpage1

企業の売掛金の回収はファクタリングを利用することがおすすめです。


ファクタリングは未回収の売掛金に関するリスクを軽減したり、売掛債権を譲渡して現金を調達できるという企業によって頼りになるサービスです。

ファクタリング

日本の企業間の取引は、先に商品やサービスを提供して、後から代金を回収する信用取引が一般的に行われている方法ですが、このような掛取引は売掛金の入金が遅れたり、貸倒れになり資金難になってしまう可能性もあります。



この方法を利用することで万が一売掛先が倒産の恐れがある場合にも、予め保険をかけたり未回収のまま売掛金を売却して現金にすることが可能になります。

買取型と保証型の2タイプがあり、それぞれに違いがあります。



買取は企業が売掛を早期に現金化したい場合の方法です。
売掛債務をサービス提供会社に売却し手数料を差し引かれた金額を受け取ります。

担保の提供の必要がなく、売掛先の信用力が審査対象になるため中小企業も審査に通りやすいのでおすすめです。
注意点は買取型を利用できるのは取引先と契約書に債権譲渡を禁止する条件が記載されていない場合のみです。

また、買取型には2社間と3社間というやり方がありそれらの違いを十分に理解する必要もあります。保証は、買取とは異なり資金の調達が目的ではない場合におすすめで、売掛債権の貸し倒れリスクの回避が可能になります。
万が一、取引先が倒産し売掛金が回収できなくなっても、保証会社が補償金を支払う仕組みになっています。


注意点は売掛債権の現金化が遅くなる場合があるという点です。保証型は保険と同じ仕組みなので倒産などが発生することで現金を受け取れます。

そのためサービス提供会社が売掛金の回収が不能と判断しない限りは保証金をもらうことが出来ません。
ファクタリングには2種類あり、それぞれにメリットやデメリットがあるため、どちらが目的に合っているかを検討して利用することがおすすめです。

いまどきのおすすめのファクタリング

subpage2

会社経営を行っていて、物を卸したり販売したりする際には、相手先企業に対して売掛金が発生してしまいます。現金で直接に売買する方法では何ら問題がありませんが、法人の場合、通常では翌月払い、若しくは翌々月払いという契約も決して珍しいことではありません。...

next

おすすめのファクタリングの知っておきたい情報

subpage3

一口にファクタリングと言っても色々な銀行や、またはそうした会社さんでこれらを扱っていますので、どのような処が良いのかといったおすすめの点につきましては、やはり手数料などの違いです。意外に思われるかもしれませんが、ある会社さんがファクタリングを依頼した際に、2社などの会社よりも3社などの会社でまわしてもらった方が、手数料は安く済むことがあります。...

next

おすすめのファクタリングの知りたい情報

subpage4

ファクタリングが資金調達でおすすめな理由は、資金を即日で調達できる点です。最短で1日で現金振り込みを行ってくるファクタリング会社もあるので、すぐに資金が必要な企業にはおすすめです。...

next

1から学ぶおすすめのファクタリング

subpage5

ファクタリングの会社は、中小企業や個人事業主の資金計画を多様化できる手段として注目されておりファクタリング会社の数も増えています。銀行に依存することなく、独自に将来資金化できるお金を早期に現金化できれば多様な展開をすることも望めます。...

next